オススメレディースアパレルブランド、フーズフーチコ(who’s who Chico)の特徴を紹介します。

オススメレディースアパレルブランド、フーズフーチコ(who’s who Chico)の特徴を紹介します。

フーズフーチコ(who’s who Chico)は大阪発のレディースアパレルブランド。
大手アパレル会社、パルが手掛けています。
同ブランドはアメリカンなヴィンテージさやそこに根付くポップさを、全面に出したアイテムを展開しているのが特徴的。
素朴でありながらも日常生活の中でしっかりとした華やかさを残してくれるので、地味な印象は一切ありません。

こうしたフーズフーチコの要素は潜在的な女性の魅力を引き出すとされ、多くのファンを獲得するまでになっています。
まるで一人の女性のクローゼットのよう、と称されるラインアップは是非一度チェックしてみて欲しい所。

同ブランドアイテムの着こなしではキュートさを活かしたカジュアルコーデがオススメ。
柄、模様といったお洒落要素を上手に使って魅力ある絵面を作ってみましょう。
フーズフーチコのアイテムは性質によって、アメカジ系スタイルが似合うものも有りますので、
扱い方や工夫も楽しめるはずです。

オススメアパレルブランド、アナザーサイドスクエア(ANOTHER SIDE SQUARE)の特徴を紹介します。

オススメアパレルブランド、アナザーサイドスクエア(ANOTHER SIDE SQUARE)の特徴を紹介します。

アナザーサイドスクエア(ANOTHER SIDE SQUARE)はベーシックなアイテムを中心に展開する
アパレルブランド兼セレクトショップ。
同ブランドは品数が豊富でパーカー、カットソー、ニット系などの多彩なラインナップがあるのが特徴的。
デザインに関しても無地のものからモノトーン、ボーダーなど男女兼用で着やすい傾向にあるので
日常シーンのコーデでは扱いやすい部類に入るでしょう。
アメリカ文化が感じられるロゴを、目が向かいやすいデザインで配置してあるなど、個性を活かす工夫が
各アイテムに行われている印象も強いです。

アナザーサイドスクエアのアイテムの扱い方としては、全体的にデザインで攻めている傾向があるため
カジュアル寄りの海外文化を感じやすいスタイルがオススメです。
アメリカン・カジュアルなどはまさにその候補に挙がりやすいスタイルだと言えるでしょう。
全身に同ブランドアイテムを取り入れたコーデも可能なのでファッションに統一性を求める方は
是非チェックしてみては如何でしょうか。

ファッションにおいて黒がもたらす効果とは?

ファッションにおける黒。
この色は一体どのような効果をもたらすのでしょうか。

・黒は輪郭を強調する色

コーデにおける黒色はファッション全体の輪郭を強調する効果があります。
全身黒色カラーを好む人もよく見られますが、あのようなファッションは
服装を厚い輪郭線としてボディを強調するという事を、シンプルな形で表現した物と言えます。

また、黒色は冠婚葬祭で使われるカラーでもあるので、礼節や清潔さというイメージも抱きやすいです。
こうした性質は白色とよく似ているのですが、それとは違う部分として、衣類の生地によってイメージを
変化させられることが挙げられます。

例えば黒のジャケットはまさに礼節、マナーを感じさせやすいですが、黒の革ジャンなどはそれとは逆に
パンク、ロックさ、渋み、ワイルドさなどが想像しやすいでしょう。
これは生地質の深みによる違いもありますが、殆どの場合ファッション文化において
長年黒が作り上げたイメージが影響しています。

黒色と相性の良い色としては主に白色、黄色など明るい色が挙げられます。
黒色をコーデの主体におきたいけれど単調な見映えになるのは避けたい、という時には
濃い茶色、濃い青色系統のアイテムを加えると、全体の色調が増えて見映えの複雑味が出てきます。

ファッションにおいて紫色がもたらす効果とは?

ファッションにおける紫色。
この色は一体どのような効果をもたらすのでしょうか。

・紫色は品格とエキゾチックさを併せ持つ

紫色は一般的に気品を感じさせやすいカラーと言われています。
これは赤色やピンクといったレディースカラーを感じさせつつも相反する存在である青色が付与されているため。
またメイクでお馴染みのアイシャドウにも一部紫色が使われ続けているように、古くから美しさ、上品さ、高貴さを
表す、カラーとしての役割も持っています。

加えて、上記で説明した赤と青の相反する色の組み合わせが、ある種の異文化、異国情緒感に繋がるとして
外国的なイメージをもたらす場合も。
紫色は日常の中では感じにくい色合いでもあるため、”非日常”的なイメージが強いんです。

ファッションにおいて紫色は中高年層のコーデに良く映えるのがポイント。
もちろん、若年層の色合いとしても使えますが、その場合は明るいトーンのアイテムを
扱ったり、他の色でカバーしてバランスを取らないと、
独特のケバケバしさを感じてしまうことがあるかもしれません。

扱いは他の色に比べて難しいかもしれませんが、その分、可能性を秘めた色だと言えます。
紫色が好みの方は是非紹介した点を踏まえて、より良いコーデを構築してみてください。